子育ての経験を活かして保育士として働く!

保育業界は慢性的な人員不足

自信の子育て経験を直接的に活かすことができる仕事が、保育士の仕事ではないでしょうか。保育士資格を取得することは決して簡単ではありませんが、子育てが落ち着いた主婦が資格を取得し、保育業界で働き始めるというケースはよくあります。保育士としての現場経験が無い場合でも子育て経験を活かして現場で活躍することができ、特に慢性的な人員不足に陥っている保育業界では子育て経験が有利になることもあります。また、最近では家庭との家庭と仕事の両立を考えている人でも働きやすい環境づくりが進められています。正社員としてフルタイムで働くことに抵抗がある人は、正社員時短制度を導入している保育園や非正規雇用のパートとして週に3~4日、短時間勤務をすることも可能です。

子育て経験は保護者への説得力にもなります

保育士の仕事は子供の相手を一日中するため、何といっても体力が必要になってきます。新卒の若い保育士は体力があるので一日中子供の相手をすることも可能ですが、子育て経験を経てから保育士になった人は、年齢的にも体力面での不安があるかもしれません。しかし、子育て経験を経た保育士には新卒の若い保育士に負けない部分もたくさんあります。例えば、保護者対応の時などには、子育ての経験がある保育士の言葉の方が新卒の若い保育士の言葉より保護者に対して説得力がある場合があります。自信がこれまでしてきた経験を活かして仕事をする場として、保育業界での就職を考えてみるのはいかがでしょうか。

シングルマザーの仕事として魅力的なのは、比較的自由に時間を使えることでしょう。在宅でできる仕事も1つの選択肢です。