住み込みなら住居費不要!通勤も楽でストレスがたまらない!

住居に関する費用の負担が少なくて済む

親が保有する住宅に住むとき、子供としては特に費用を負担する必要はありません。家具や家電なども親が買ってくれれば子は何も負担せずに済みます。しかし、一人暮らしをするならいろいろ負担をしなければいけません。住むための物件費用が必要ですし、家具や家電を買わないといけません。電気や水道、ガス、その他のインフラの費用も発生します。仕事を探すときに住み込みであれば、住居に関する費用の負担を抑えられるかもしれません。採用先にもよりますが、住居費用の負担をすべて持ってくれるケースもあります。通常はちょっとした家具や家電が付いているので、それなりに生活ができます。通常であれば毎月数万ぐらいの負担が必要なので、不要なのは助かるでしょう。

職場に近いところに住宅が用意されている

仕事をするとき、職場に通勤しないといけません。一般的な会社であれば、都市部に通勤をしないといけません。満員電車に揺られるのもかなりのストレスになります。体力を消耗する原因にもなります。通勤時間を短くしようとすると、家賃の負担が高くなります。住み込みの仕事だと、住宅は職場が用意してくれます。工場などでは、工場の施設内に住居施設が用意されています。寝起きをするところから職場まで、会社の敷地内を移動するだけです。9時からの始業では、8時30分までゆっくり寝ていられます。10分前に起きても何とか仕事に間に合います。行きだけでなく帰りも通勤時間が少ないので、その分自由時間を多く持てます。ストレスもたまりにくくなります。

寮の求人には、寮の管理人や調理人などがありますが、住み込みでできることが多いので、家賃や水道光熱費の自己負担がなくお得です。