介護の仕事を始める方必見!資格も多い介護職

介護の仕事を始めるには

介護の仕事は、要介護の高齢者の入浴や排泄などの身体介護や家事などの生活援助を行なうのがメインなのは、ご存知ですよね。

この仕事は、パートやアルバイトの雇用形態であれば施設によっては、無資格や未経験者でも仕事を始めることができるんです。

正社員として将来性を考えて長く仕事を続けたい場合には、資格を取得することが第一条件です。

国家資格まである介護職

介護職として活躍するには、まずは介護職員初任者研修を受講することが必要で、130時間のカリキュラムを最短約1ヶ月で取得できる比較的容易な研修ですので、どなたにもチャレンジし易いと言えますね。

この後に介護職員実務者研修を受講し、3年から5年の実務経験を積むことで国家資格の介護福祉士資格や介護職最高峰のキャリアと言われるケアマネージャー資格が取得できます。

求人募集の多い介護職

介護施設や老人ホーム、事業所などの施設が充実してきている一方で、どの施設などでも人材不足が問題となっており、常に求人募集を行なっているのが現状です。

そのため、ほかの業種に比べて就職先が見つけ易いのがメリットでもあるんですよ。

自分に合った職場探し

求人募集には、パートやアルバイト、正社員などさまざまな雇用形態で行なっており、当然のことながら資格の有無により給与や賞与なども異なります。

経験の浅い方やブランクのある方は、研修制度を設けている職場が最適で、休日や休暇制度が取得しやすい職場であればプライベートを大切にした働き方ができますよね。

求人募集の情報をしっかりと確認しましょう

最適な職場を見つけるには、求人情報で福利厚生や待遇などもしっかりと確認し、職場の雰囲気を知るために一度施設などを訪ねてみるのもひとつの手段でもありますね。

介護の求人を東京で探すことができます。就職をサポートしてくれる求人企業もあるので、利用することでより条件に合う求人を見つけやすくなります。