全国の民間企業で期待される産業医の働き方

民間企業の産業医の働き方

産業医は、一定の条件を満たす企業の研究所や工場などに法令で配置が義務付けられている医師の専門職であり、従業員の業務中の安全管理や健康に関する事項を担当することがあります。近年では、理系分野の事業を扱う企業が増えていることもあり、産業医の活躍ぶりに注目が集まっています。特に、医療機関はもちろん民間企業内での実務経験が豊富な産業医に関しては、従業員からの信頼も厚く、社会的なニーズが高まっています。大手の企業では、法定数を超える人数の産業医が配置されることもあり、従業員の安全の確保や健康の増進に勤めようとする動きが見受けられます。そこで、産業医としてのスキルを高めるうえで、職場環境の良いところを就業先として選ぼうとする人が目立ちます。

産業医の求人の動向を把握しよう

産業医の求人は、大企業や中小企業などで募集が行われていますが、各企業の事業内容により、仕事の幅が大きく異なることがあります。そこで、初めて産業医の求人に応募をするにあたり、企業ごとの取り組みをざっと調べておくことがおすすめです。最近では、産業医の求人数の多い転職サイトが増えており、各自の医師としての経験や能力、適性などに合った企業に応募をすることが大事です。また、産業医の求人のほとんどは、都市部に集中していますが、勤務先の選び方を重視したい時には、余裕を持って転職活動を始めることがポイントです。産業医の待遇は、実務経験の長さや専門知識はもちろん、各企業の業績にも左右されることがあるため、安定して働ける企業を探すことが重要です。

産業医の募集は近年では増加している傾向にあります。企業は産業医を求めているものであり、社員の健康管理が出来る人材を求めています。